スポンサーリンク

2014年03月19日

花粉症対策に鼻うがい!

皆様こんばんは!

長らくブログをお休みしていました。

しばらく落ち着いていた持病の扁桃腺炎が悪化・・・

今年は大丈夫だと思っていたんだけどなぁ〜。

お医者さんには 「扁桃腺切っちゃったほうがいいよ!」って言われてるんだけど
(どうやら人より扁桃腺が大きいらしいのです)

切るって言葉に拒否反応が。今年も切らずに乗り越えました(´ε`;)


さて、そんな本日は久しぶりに鼻うがいをやってみました。

その昔、喋る仕事をしていた時は会社でオキテのようにさせられていたこの鼻うがい。

風邪防止にはもってこいなんです!

ちょっと美容の話とはずれますが、健康つながりということで、

今日はこの鼻うがいのやり方を記事にしてみようかな と思います♪

まぁ字のごとく鼻のうがいです。別名 鼻洗浄 ともいいます。

やり方は斬新!!

鼻から水を吸って、喉に通して吐き出すという、うがい法。

これ、慣れるまでキツいです(笑)

真水でやると死にかけますw 気をつけてください。


鼻うがいのやり方

@ぬるま湯と塩をよくかき混ぜて生理食塩水を作ります。

 250ccの水に対して、2g強(ティースプーン一杯弱)が目安です。
 作り置きは衛生上オススメできませんので、その都度作って下さい。

A勇気を出して鼻から食塩水を吸って鼻か口から出します。

この塩湯(ぬるま湯)を、鼻のどちらの穴からでもいいので吸い込みます。
鼻から吸って口から出す。これを左右の鼻の穴でやります。
コツとしては喉を締め付けるような気持ちで吸い込むこと。
これを怠ると鼻から入ってきた塩湯を飲んでしまうことになります。
飲んでも問題ないけど、せっかく洗浄したものをまた体内に入れてしまうことに。。。
なので頑張って出しましょう。

出てきたものは・・・汚いですが
鼻の粘液が出てくるのでちょいとヌルヌルしています。
「ヌルヌルがなくなるまでファイトだオー!!」

というわけで 私、久しぶりに鼻から吸って口から出してみましたよ。

最初はゲホゲホっ となりましたが慣れると病みつきになります。


特に花粉症がひどい方には この鼻うがい 超オススメです!

おうちにお塩と水がある人は今すぐトライだ!!

動画あったので貼っておきますね。



というわけで、私、だいぶ元気になってきたので今日からまたブログ復活します。

今後も暇つぶしに読んで頂ければ嬉しいです(´∀`)


posted by mami at 20:22| Comment(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

花粉症による肌荒れを防ぐ方法

皆様 こんにちは。

今朝より鼻がムズムズ、ちょっと嫌な予感がしている管理人です。

このムズムズ、一時的なものかと思いきや、朝からずっと

例えるなら鼻の中に愛犬の毛が一本入ってずっと私の鼻の粘膜をこしょこしょと刺激している感じ。

しかし、そいつはとってもとってもどこにいるか分からない!

うん、間違いないです。コレ、犬の毛じゃなくて花粉症でしょう。゚(゚´Д`゚)゚。


前置きがすっかり長くなりましたが、今年も間もなく、花粉症の方にとってはつらい花粉シーズンが

やってきます。一足先にそいつをゲットした幸運な私から花粉症の皆様へちょっとしたプレゼント。

今回は その花粉症から来る肌荒れを防ぐ方法を伝授いたします。



花粉症の主な症状といえば、目や鼻のムズムズ感、くしゃみなどですが、

私の場合は “肌荒れ”

これが最大の悩みです。

肌がガサガサになり、いつもどこか痒い。目の周りは赤くなりアレルギー症状が出てしまいます。



◎何故、花粉症により肌荒れを起こしてしまうのか?

スギ花粉が飛び始めるのはだいたい2月からですが、この時期、特に都会では砂漠状態といっていいほど、
空気はカラカラに乾燥しています。それだけではなく、春先である3月からはだんだんと紫外線も多くなってきます。紫外線はお肌の乾燥を招くなど、肌への負担となり、外空気による乾燥と紫外線による乾燥をダブルで請け負ってしまうことになります。

通常私たちの肌の上では、皮脂膜という体がから自然に出てくる膜が天然クリームの役割を担ってくれていて、皮膚を守ってくれています。ところがこういった様々な原因により肌が乾燥していると、皮膚膜は薄くなったり壊れたりしてしまうので、外からの刺激に弱い肌になってしまいます。

したがって、花粉や小さい埃などの刺激物が入ってくると、皮膚は炎症やかゆみを起こしやすくなるわけです。

さらに、花粉による刺激で目を擦ったり、鼻を繰り返しかんだりする摩擦刺激が加わり、肌がさらにダメージを受けてしまうので、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。


■ 花粉症で肌荒れを起こさないための注意点 ■

アイメイクは控えめに!

特に水分を含むものは花粉を付着しやすい状況を作ってしまいますので注意が必要です。
例えばアイラインやつけまつげ、これらは目に近い場所、花粉をおびき寄せるとすさまじい
かゆみを伴う場合もありますので、この時期はできたらノーメーク、それが無理であれば
いつもより控えめなアイメイクを心がけましょう。

油性のファンデーションは避け、帰宅後はすぐにメイクを落とす

花粉やホコリなどが肌に付着していますので、すみやかに洗い流しましょう。
また出かけない日はノーメークを心がけましょう。

洗顔は低刺激で丁寧に

顔についた花粉やほこりを、ぬるま湯でしっかり落としましょう。
こすって肌に摩擦を与えないよう注意が必要です。


普通のティッシュではなく、保湿ティッシュを使う

花粉症の人は、この時季ティッシュが欠かせない状態になりますが、注意が必要です。
乾いた薄い紙で何回も擦るのは結構な摩擦刺激となります。
いつもより高級な保湿効果のあるティッシュを使うことで肌荒れを最低限に抑えることが可能です。
また、折りたたんだハンカチの中側をちょっぴり湿らせておくと刺激が少し減らせます。



■ 花粉症で肌荒れを起こしてしまった人のスキンケア ■

・こすり込むような化粧水や乳液のつけ方は避けましょう。

 → 花粉症で敏感になって薄くなっている皮膚が余計にめくれて治りが遅くなります。  

・洗顔料はスクラブ入り、ピーリング系のものは避けましょう。

・クレンジングは、できるだけ肌に優しいクリームタイプのものか、 ミルクタイプのものに切り替えましょう。

・皮剥けがひどい時には、ファンデーションもできるだけ避けて、マスクで顔を隠す。
 そして保湿ケアを心がけましょう。



花粉症でボロボロの皮膚になってしまっていても、お手入れを見直し、上記の最低限のことを守っていれば
皮膚は2〜3日で元に戻りますよ。


そうそう、個人的には【サプリ】がおススメです。
OPCサプライズという商品なのですが、これはとってもいいです。
花粉症にもとても効果がある上、美容効果もあり、なんと育毛効果もあるそうです。
私はこれで花粉症に伴う肌荒れが驚くほど軽減しました。
口コミでも大変人気の商品ですので、こういった商品も是非参考にしてみてください(*^_^*)


アレルギー体質改善にすぐれたポリフェノール(OPC)だけではなく、ビタミン、ミネラル、アミノ酸にコラーゲンと美容に良い成分も凝縮された最強サプリ。天然成分なので妊娠中や授乳中でも大丈夫という安全性もポイントです。生理痛やむくみ、便秘の解消や、デトックス効果も高いので、花粉症だけでなく様々な悩みにも対応してくれます。
posted by mami at 15:32| Comment(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。