スポンサーリンク

2014年03月12日

【今日のごはんの美容効果】 桜えび・とろろ昆布・豚肉・オクラ・にんじん・ブロッコリー 

kako-6a3apawwUFlen1cO1111.jpg

さて、いつも美容に関するウンチクばかりなので、今日から恥を捨てて
私の食生活の写真も混じえながら、美容に効果的な栄養素の話などもしていきたいと思います。
不定期更新でーす(笑)

最初にお伝えしておきますと、うちの食事は質素です。
決して、世間の皆様に自慢できるような食事でもなければ、お洒落なおうちの素敵ご飯でもありません(^^;

でも、栄養だけはしっかりと考えています。
食事って本当に大切!
体調も肌の具合も食事一つで決まります。

私の拙い文章と、夕食画像でちょっとでも「へぇ!私もやってみよう♪」
というように考えてくださる方がいれば幸いです(´∀`)

さて、冒頭の写真は今日の夕食です。

・桜えびと山菜のの炊き込みご飯

・おねぎととろろ昆布のお吸い物

・豚肉のセイロ蒸し

・蒸し野菜(ヘルシオにて)





それぞれの食材の健康(美容)効果

・桜えび

えびは、高タンパクで低脂肪、糖質はゼロなのでダイエットに最適です。
大中小関わらず、えびには、血中のコレステロールを下げ、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果のあるタウリンが豊富に含まれています。
血液をサラサラにしてくれる役割もあるので美容には◎

・とろろ昆布

とろろ昆布 には、水溶性食物繊維に含まれるアルギン酸とフコイダンが豊富に含まれており、これらが小腸で脂肪や糖分を抱え込み、吸収されないまま体外に排出してくれる特徴を持っています。
つまり「とろろ昆布」は少しの量で満腹感を感じ、脂肪分や糖分の摂取を抑えてくれるのでダイエットに最適なんです。
更には「とろろ昆布」を食べることで、便秘が解消されたり、髪の毛がつやつやになったり、肌の艶が良くなったり、といった美容効果もあるとも言われています。

・豚肉

豚肉には、栄養ドリンク並みのバランスでビタミンB群がたっぷり含まれています。
肌荒れ防止の他、疲労回復効果もあるので、体力がほしい時にもとてもいいです。
油をあまり使用せず、セイロ蒸しなどにするのがオススメです!

・蒸し野菜(オクラ・にんじん・ブロッコリー)

オクラ

オクラは、皮膚のうるおいを保ち粘膜を健やかに保ち、乾燥による毛穴開きを予防するビタミンA。
コラーゲンの生成を促し、美白効果で メラニン毛穴 を予防するビタミンC。
腸内環境を整えることで、肌荒れや にきび を防止する食物繊維などが含まれていると言われています。
アンチエイジングにはとても良い野菜と言われています◎

にんじん

にんじんに含まれるβカロチンは、抗酸化作用も強いのでシミや色素沈着やシワ改善にも効果があります。
身体を温める作用もあるので冷え性改善にも効果があります。

ブロッコリー

ブロッコリーにはビタミンがいっぱいです。
ビタミンC、βカロテン、ビタミンE、それに鉄分もたっぷり入っています。
なんとブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍もあるんですよ!
コラーゲン生成に欠かせないビタミンCがたっぷり、更にはβカロテンにはお肌の乾燥を防ぐ役割もあるため
ニキビや吹き出物も予防する役割があります。



ちなみに、桜えびはこちらで買っています。
お安くとっても美味しいので気になる方は是非!!


posted by mami at 23:36| Comment(0) | 今日のごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。