スポンサーリンク

2014年02月09日

太陽の下での雪かきは危険!雪焼けが老化を招く?!

1201071970_photo.jpg


皆様、こんばんは☆

昨日、私の住む横浜では記録的な大雪に見舞われました。

童心に戻って雪だるまなど作った方もいるのでは? えぇ、私がそうでした(笑)

今日に至っては、雪かきをした人も多いと思いますが、こんな日の日焼けには注意が必要です。

雪が降った日は、見渡す限り真っ白でキラキラと輝いていてとてもキレイ。

清々しい気持ちで太陽を思わず仰ぎたくなりますが、かなり注意しなければいけません。

このキラキラこそが、日焼けの原因なんです。

雪で地面が輝いているおかげで上からの太陽だけではなく

下からの光の反射までもが私たちの肌を狙っています。

実際、ものすごい量の紫外線を浴びることになってしまうんですねぇ。゚(゚´Д`゚)゚。



ゲレンデなどで真っ黒になりやすいのも、こういった事から起こっているんですよね。

ちなみに このような下からの雪による日焼けのことを雪焼けと呼ぶそうです。ま、そのままですけどねw

まぁとにかく!!雪が溶けるまでは 特に日焼け止めと保湿とをしっかり心がけましょう!


もし、今この記事を見て ギクッとしている方がいましたら、安心してください。まだ大丈夫です。

今晩はアフターケアに力を入れてみましょう!

日焼けの原因となるメラニン色素は72時間以内に動き出すそうです。

ですので72時間以内ならギリギリセーフなんですね(´∀`)

できるだけ早く、保湿効果や美白効果のある化粧品などケアをしてメラニン色素を抑えこみましょう。

家にある美白効果のあるものを使うのもよし。

もしなければ 


@水分補給

A皮膚の保湿




これだけはしっかりやっておきましょう♪

@水分補給 については内側からのケアです。

日焼けにより肌がカラカラになっている場合、ミネラルウォーターなどで水分を多めに補給することにより
内側からの潤い対策につながります。
とにかくたくさん水分を摂取してください。
もし、肌が赤くなってしまった方は上の作業の前に、保冷剤などで一度肌をクールダウンさせてあげると
より良いかと思われます。


A皮膚の保湿 については 外側からのケアです。

紫外線によりお肌の水分が奪われて乾燥しているので、とにかく惜しみなく化粧水を使いましょう。
目安としてはいつもの3倍は使ってください。

焦ってピーリング剤やパックを使いたくなってしまうかもしれませんが、これは一番NG!!

肌を落ち着かせることが第一です。

果物などのビタミンをたくさんとって少しでもメラニン色素を撃退しましょう。


明日はしっかり日焼け止めを!!(´∀`)



posted by mami at 20:58| Comment(0) | 日焼け止め対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。