スポンサーリンク

2014年02月02日

アンチエイジング、美容のためにプラセンタ注射を打ちに行く の巻

3.jpg

私がプラセンタを打ち始めたのは、たまたま行った産婦人科でプラセンタ注射をやっていて、

その当時、美容雑誌やネットでプラセンタがアンチエイジングや美容にいい

という記事を見かけていたので興味を持ったというのがきっかけです。


受付のお姉さんに色々と話を聞き、家に帰ってプラセンタ注射について色々と調べ、打ってみようと決心しました。

注射で美しくなれるなんて、、、

当初は半信半疑だったプラセンタ注射でしたが、

打った翌日から肌がもちっとしていることにとても驚きました。

全く期待してなかった美容効果がわかるように表れています。

特に毛穴が小さくなり髪の毛は艶が出てサラサラしています。

お肌の質も確実に変わりました。

自分で顔などを触った時の感覚が凄く気持ちよく、肌もワントーン明るくなった気がします。


プラセンタ注射は痛い?


かなり痛がり&怖がりの私でも全然大丈夫でした。

注射する箇所によるのでしょうか?

最初は肩に近い腕の上側に打っていましたが、看護婦さんが「肩こりにも効くんですよ〜♪」

なんていうもんだから、凝っているその場所そのもの=肩甲骨よりの肩に打ってもらいました。

肩こりがMAXだったので逆に心地よいという不思議な現象に見舞われました(笑)

打つ場所は人によって違うといいますね。

病院によっては私のように自分で選ばせていただけるので看護婦さんに相談してみるといいと思います。



ちなみに肩凝りにこれだけいいなら 顔に打ったらめちゃめちゃ効果あるんじゃ?

なんて欲張りなことを思いつき、看護婦さんに聞いてみたら

プラセンタの筋肉注射、顔面注射はめちゃめちゃ痛いから無理ですよw と笑われました(^^;



よく聞く1A(アンプル)って何?


注射1本は1アンプルのことです。

ちなみに1本の注射で2アンプルまで入るらしいので、2本と指定しても注射は1本です。

ちなみに私が行ってる病院では1アンプル1,000円 2アンプル2,000円です。

プラセンタ注射の効果を最も効率するためには、定期的に行うことが最重要のようで

週一しか通えない私は2アンプルを週一回の割合でしていただいていました。

週二行ける人は1アンプルを三日おき とかだともっと良いのかもしれませんね♪

1ヶ月位したら2週間に1回くらいで充分だそうです。


病院によって値段が全然違ってきますので、いろいろ探してみるといいと思いますよ。

検索方法としては「自分の住んでいる地域名(スペース)プラセンタ注射」でたいがいヒットすると思います。


プラセンタ注射の種類

現在、厚生労働省で認可されているヒトプラセンタは

•ラエンネック
•メルスモン


の2種類のみです。

メルスモンは更年期障害、ラエンネックは肝機能障害の改善を効能として認可されていますが、

美容目的での効果はどちらもほぼ変わらないとされています。

ちなみに私はメルスモンを打っています。

ラエンネック点滴は効果が出るのが早く、効果が出すぎて打ってから2日目、3日目あたりに

顔がむくれたような感じになるという話も耳にします。

その反面、メルスモン注射は効果は徐々に効いて、次の注射を打つ1週間後まで安定し持続する

という感じですね♪


リスクはないの?


ここまで 良い事だらけのプラセンタ注射ですが、もちろんリスクもあります。

プラセンタ注射は、40年近く前から現在までに国内や海外での感染症の報告は一切ありません。

しかし、理論的には感染症の疑いは100%は否定できません。

そういったわけで献血ができなくなります。(自身が誰かに献血をすること)

2006年に厚労省から、プラセンタ注射を1度でもした場合献血を控えるようにとの通達がありました。

これは今後のリスク回避、輸血の安全性を高めるための処置とされています。

そのため、注射前にこのような同意書が渡されサインをしなきゃなりません。

douisho.png

これを目にしてしまうと 一気に不安になってしまうのですが、まぁそこまで大げさに捉えなくても

いいのではないかなぁという感じです。

これだけ多くの人がやっているのですからね。


最後に

美容というのは外側だけに偏りがちですが、身体の内側に関しても美しさを維持することも大切です。

肌トラブルからホルモンバランスまで、マルチな効果を持つプラセンタ注射は、

身体の内外の美しさを実現するために有効な方法かもしれませんね(´∀`)



posted by mami at 09:57| Comment(0) | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

プラセンタサプリの効果的な摂り方



前回の記事では「なぜプラセンタがアンチエイジングに効果的か?」という話をしましたが、

今回は 「プラセンタをどうやって効果的に採り入れるか」 の話をしたいと思います。


プラセンタの効能も効果が現れるまでの期間に個人差があるのでまずは3ヶ月続けてみる

飲んですぐに効果が出るものではありません。確かにすぐに「なんかいいかも♪」と感じる人もいるかもしれませんが、私の体験上、シャンプーでもボディソープでも使ったその日は「なんかいいかも♪」と感じてしまいがちです(笑) 
本当に効果が現れるのは継続して3ヶ月くらい経ってからなので、まじめにコツコツと集中して摂りましょう!

いつ飲めばいいか?

なんでもサプリなどは寝る前がいいといいますね。
睡眠時に体がメンテナンスされて、お肌や体が作られるので
寝る前のプラセンタを飲むほうがより効果的にプラセンタ効果が表れやすいと思います。
また、プラセンタには寝つきが良くなるという効能もあると聞きますので
まさに寝る前がベストなタイミングなのではないでしょうか。
吸収力をあげるためには、空腹な状態で飲んだ方がいいとも言われています。


1日に必要な摂取量

サプリメントですと、1日300〜500mgの摂取で肌の改善がみられたと学会で報告されているようです。
1日1000mgだと500mgのときよりも効果が遥かに大きかったそうです。
1粒あたり150〜300mgの製品が多いので、スタートは低めにし徐々に量をUPさせていくのが良いですね。


どの種類のプラセンタを選ぶか

プラセンタにも 馬・豚・羊・牛などのほかに植物性プラセンタなどがあります。
コストパフォーマンス・効果ともにオススメなのが豚プラセンタです。

馬は1年に一度しか赤ちゃんを産まないため、その分プラセンタに入っている栄養分は抜群と言われますが
希少価値がある分、お値段もお高めのようです。

牛は狂牛病問題などもあり、私的にはちょっと怖く使っておらず、

そうなると 豚が一番かなぁという結論です。

市場で出回っているプラセンタサプリも 豚ちゃんが一番多いと思います。

是非購入の際は 成分表を見てみてくださいね!



人気のプラセンタベスト3はこちら↓↓↓


名称
プラセンタ100 レギュラーサイズ




原材料
プラセンタエキス(豚由来),食用油脂、DHA含有精製魚油、EPA含有精製魚油、胡麻油、しそ油、ブドウ種子油、米胚芽油,大豆油、オリーブ油、ゼラチン、グリセリン、抽出ビタミンE、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、植物レシチン(大豆由来),ビタミンB2,ビタミンB1、ビタミンB12

内容量
100粒

ご使用方法
1日2〜4粒程度を目安に、栄養補助食品として水かぬるま湯と一緒にお召し上がり下さい。

賞味期限
製造日より3年

保存方法
高温多湿、直射日光を避け、涼しいところに保存してください。

商品区分
食品/日本製




名称 
100万人のプラセンタ




原料料
プラセンタエキス末(豚由来)、コエンザイムQ10、黒胡椒抽出物、結晶セルロース、L-グリシン、ゼラチン、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素

内容量
12.21g【1粒重量407mg(1粒内容量330mg)】×30粒

お召し上がり方
1日当たりの摂取目安量:栄養補助食品として1日1〜2粒を目安に水またはぬるま湯とともにお召し上がり下さい。

産地名
国産(北海道)



名称
プラセンタ MD ポーサイン 100




内容量
100カプセル(約1ヶ月分)

原材料
JBPプラセンタエキス(ブタ) (350mg/粒 : 1箱100粒中 35,000mg)、HPMC、着色料(酸化チタン、赤色40号、青色1号)

栄養成分表示
(1日6粒あたり) エネルギー7.7kcal、たんぱく質1.5g、脂質0.2g、炭水化物0.1g、ナトリウム77mg、鉄0.8mg、カルシウム15.8mg

お召し上がり方
1日3〜6粒を目安に、水またはお湯で召し上がり下さい。

製造国
日本




一概に高いから良い、安いから悪い とは言いにくいですが、プラセンタ含有量、原産国、など比較し、自分が信頼できるプラセンタを見つけることが大切だと思います。

楽天ではお試しなどもやっていますので この機会にプラセンタサプリのお試しを取り寄せて
初めてみるのもいいかもしれませんね!

次はプラセンタ注射 経験談についてお話いたします(´∀`)

posted by mami at 22:23| Comment(0) | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラセンタがアンチエイジングにいいって聞くけど プラセンタって何?


今日はプラセンタのサプリを購入してきました。

私の取り入れているアンチエイジング対策に欠かせないのが この「プラセンタ」です。


ですが、半年前までは このプラセンタって言葉 耳には良くしていたものの、

実際に何か?ということに関しては「胎盤?」くらいにしか分かっていなかったりしました(^^;

プラセンタを積極的に取り入れるようになってから 色々と調べていくうちに

プラセンタにも 動物性と植物性があったり、サプリメントと注射で取り入れる方法があったり、

色々あるんだなぁということを知りました。




そんな「プラセンタ」についてちょっとまとめてみました。


・プラセンタ(Placenta)とは、日本語で「胎盤」を意味する

・プラセンタは、小さな一個の受精卵を、わずか10ヶ月の間に一人の人間に育て上げる驚異的な働きを持っている

・つまり、胎児の発育のために必要な呼吸やタンパク質合成、有害物の解毒、ホルモンの分泌、排泄など、重要な働きをすべてプラセンタが行う

・プラセンタには、人間に必要なタンパク質、脂質、糖質の3大栄養素をはじめ、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸など多彩な栄養素が含まれている




動物は出産したあと、いち早く自らの胎盤を食べると言いますが、

これは動物なりにプラセンタが栄養抜群であることをわかった上で食べているのか。

はたまた動物的本能なんでしょうねぇ。すごいなぁ〜・・・



ちなみに 人がプラセンタを摂り入れる場合のの主な効能としては


・自己免疫力の向上
・美白効果
・新陳代謝を活発にする
・細胞を元気にする
・保湿作用
・血流向上
・肝臓強化の働き
・炎症の沈静
・活性酸素除去



等等、まさにアンチエイジングにもってこいな効能ばかりなんですよね。

ですからアンチエイジング方法ではプラセンタの人気があるというわけです。


ちなみに私はプラセンタの取り入れ方として サプリと注射と両方から行っていますが、

効果については断然注射の方があるようです。

サプリは持続しなきゃなかなか効果がでないようですが、持続して3ヶ月もすると

お肌にハリや艶が出たり、体が軽くなるような体調の良さを感じるようになってきます。

注射をする際は、安易にするのはやめましょう。

実はプラセンタ注射をする上では 慎重に行わなければならない 大きな理由があるからです。


プラセンタのサプリの採り入れ方、注射については後日また詳しくご紹介いたします(´∀`)

posted by mami at 21:19| Comment(0) | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。