スポンサーリンク

2014年02月22日

アンチエイジングに効果的な洗顔法を見直してみましょう


今日は美容の基本。洗顔についてお話します。

皆さんは毎日の洗顔をどのようにしていますか?

TVや雑誌で洗顔の方法について特集されているのを見ると、よくたっぷりの泡で洗うことを強調していますよね。

エステに行く方は、泡を顔に塗り、指で優しくなでるように洗顔されたり

もしくは筆のようなものでサラサラと撫でられているような印象が強いのではないでしょうか?

力はほとんど入っていない印象ですね。

力を入れない=摩擦を避ける

ここが一番のポイントであると思いますが、その為には泡をたっぷりと立てるということが大前提となります。


何故、たっぷりの泡で洗うことが良いのか?

それは

泡を小さく細かいものにすることで、肌に触れる表面積が増え、
泡で皮脂や汚れをつつんで乳化させ、泡といっしょに落とすことができる


ということ。

そして、

洗顔料を泡にすることで、汚れを乳化させる効果があるので
肌にやさしく、汚れをきちんと落とせる状態になる


ということにあるようです。


では、実際にどのように泡立てて洗顔すればよいのか?

わかりやすい動画があったのでご覧いただきたいと思います。



私自身もこの動画を見てから たっぷり泡立て洗顔法に切り替えましたが、

同じ洗顔料でも泡立てて使った時と使わなかった時では、洗いあがりが全く違い、目からウロコでした。

泡立てネットなどあるといいですね。あっという間にふわふわの泡が仕上がります。

優しく、細かく、マッサージしながらお肌をいたわってあげてください。


誰もが行う毎日の洗顔。

誰もが行うことだからこそ、人よりもちょっと手間をかけて美しい肌をGetできれば

それはちょっと特した気分になりますね(´∀`)



posted by mami at 15:49| Comment(0) | 洗顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

加齢による肌のくすみをなくしてくれるオススメ洗顔 《酵素洗顔》


と鏡を見るとくすみやクマが気になるようになりました。

肌がワントーン暗くなったような気がする…そんな時出会った洗顔料が

《酵素の洗顔料》です。 




酵素洗顔とは


ニキビや毛穴の黒ずみや角栓、くすみなどの原因は、肌の新陳代謝のサイクルが崩れてしまい、

古い角質が残るためであるとされています。

普通の洗顔料でも肌の汚れは落ちますが、古い角質はなかなかきれいに取り去れません。

酵素洗顔は タンパク質や脂肪を分解する作用によって、

古い角質や余分な皮脂、汚れなどを取り除くことができる洗顔料なのです。

くすみやザラつき、毛穴の黒ずみや角栓が知らぬ間になくなり綺麗になっています。

パウダー状になっていることが多く、ぬるま湯でよく泡立てて使用するのが特徴です。


私が使用しているのは

suisai:ビューティ クリアパウダーa

SUISAI~1.JPG

毛穴&角質ケアに効果絶大の酵素洗顔パウダーです。

たんぱく質や皮脂の分解を促す酵素成分が、肌のハリと潤いを守りながら、毛穴の汚れやザラつきを一掃。

凹凸のないなめらか肌へと洗い上げます。

デコルテなどくすみが気になる部分に使う人も!

suisai:ビューティ クリアパウダーa
2100円・0.4g×32個
1050円・0.4g×15個(トライアル)




他にも様々な種類の酵素洗顔があります。

昔からある パパウォッシュ などは有名ですね。


洗浄力が強く若い人のニキビケアのイメージが強い酵素洗顔。
実はアンチエンジングの強い味方でもあります。



私たちの食文化にも自然に取り入れられているように、酵素の働きは人間とは切っても切れませんが、

肌へのアンチエンジング効果もしっかりあったとは目からウロコでした。

酵素の働きを正しく知れば、毎日のアンチエンジングケアがさらに充実するかもしれませんね(´∀`)

posted by mami at 23:18| Comment(0) | 洗顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

意外と知られていないアンチエイジングにNGな洗顔法

o0640042611320722333.jpg

て、前回の記事に続き本日は洗顔についてです。

クレンジング同様、ウォッシング(洗顔)もアンチエイジングな肌を作る上でとても重要になります。

よく泡立てたり、肌を優しくいたわるように極力摩擦を与えない、十分にすすぎをする 


この辺に関しては美肌づくりの常識だと思いますが、

実はアンチエイグを意識する上で、意外なNG洗顔法というのがあるのです。

私もこれを知ってぎょっとすることがたくさんありました(^^;


NG@
熱いお湯での洗顔


お湯は必要な皮脂までとってしまい乾燥の原因ともなります。
ぬるめのお湯で、一度手にとってから優しく洗うようにしましょう!
まぁこれについては割と知られていますね。


NGA
シャワーで顔を洗う


お風呂に入ったときに、シャワーを顔にかけて洗っていませんか?
実はこれはたるみのもとになるそうです。
刺激があるからマッサージ替わり、と思ったら大間違いだったんですね。
コワイコワイ…

NGB
ゴシゴシ顔を洗う


アンチエイジングには、摩擦が大敵。
指先ではなく、なるべく面を使ってクレンジングします。
指先だけを使ったゴシゴシ洗いは、シミや黒ずみ・シワ・角質肥厚・毛穴トラブルの原因にもなってしまいます。
円を描くように手の面を使って優しく洗うのがポイントだそう。

NGC
頬からクレンジング


皮脂量が多い部分からクレンジングを開始します。
頬からではなくTゾーンから始めましょう。

NGD
長すぎるウォッシング及びクレンジング


洗顔の目的は、“油分(脂分)”や“汚れ”を落とす事。
長すぎると肌が乾燥肌に傾き、シワの原因にもなります。
なるべく1分以内で済ませましょう。すばやく、かつ丁寧にすることがポイントです。


っかり洗顔をしなければ という気持ちが ゴシゴシ洗ってしまったり、
時間をかけてしまったりという行動に移りがちですが、
アンチエイジングに限ってはこれらは厳禁なんですね。

皆さんも お気を付けくださいませ(´∀`)


posted by mami at 00:00| Comment(0) | 洗顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。