スポンサーリンク

2013年12月12日

アンチエイジングに効果絶大! 「水」 の種類と効能について

thumb5.jpg

んばんは。

昨晩は水を飲みすぎてトイレに行っても行っても残尿感が残る・・・

そんな夢を見続けた管理人mamiです(´ε`;)


て、昨日の記事でも記しました「水」について

今日は 水の種類と種類別効果 についてお話したいと思います。


皆さんは 硬水 と 軟水 という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

その文字の通り、水の硬さを表すものですが、飲みやすさも随分違ってきます。

飲料水に限らず生活用水も含めて、水の分類の一つとして軟水と硬水というものに分けられるのですが、

その基準となるのが水1リットル中に含まれている「カルシウムイオン」と「マグネシウムイオン」

の量を表す【硬度】と呼ばれるもので、

この硬度が低い水を【軟水】、高い水を【硬水】というように分類しているわけです。



かりやすく言うと

【軟水】カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に少ない水

【硬水】カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に多い水


ということになります(^-^)



とえば、日本の水は大部分が【軟水】で、口あたりの良いまろやかな飲み心地が特徴的です。

逆に、北米やヨーロッパの水は硬度が高いこと【硬水】で有名です。

コントレックス などが代表的ですね。耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?


では、実際に硬水と軟水 の使い分けはどうすれば良いのでしょう。


まずは口当たりの違いから


【軟水】

・口当たりが柔らかく、さっぱりしていている
・緑茶を入れる際に色や風味が出やすい
・旨み成分を引き出しやすいなど、煮炊きの多い日本料理に適している
・石けんや洗剤が泡立ちやすい

【硬水】

・のどごしが硬いが、しっかりした飲みごたえを感じる
・緑茶を入れる際には色や風味が出にくい
・アクが出やすいので、和風料理にはあまり適さない
・石けんや洗剤が泡立ちにくい


こうやって比べてみると 若干軟水に軍杯があがっているかな?という感じですね(^^;



では、美容にはどちらがいいのでしょう?


実は、これに関しては一概に どちらが とは言いにくいようです。

というのも、それぞれ、違った美容メリットがあるから。


【硬水】デトックス効果や便秘解消効果がある⇒ダイエットに最適

【軟水】老廃物の排出をスムーズに促してくれる⇒美肌づくりに最適



こんな感じなんだと思います。


ちなみに 私は 【軟水】派 です。

その中でも アルカリイオン水 派です(笑)


71g8QhfVv6L__AA1500_.jpg

アルカリイオン水は、老廃物を排出して新陳代謝を促す効果があります。

新陳代謝を促す事によって美容効果が高まるということで最近は話題のようです。

ちなみにアルカリイオン水はスーパーで安ければ2リットル100円くらいで購入できますので

美肌を目指すならここからトライしてみるといいかもしれませんね♪


じ水でも色々と種類があるものですね。水は奥深いなー。

異なった作用だからこそ、改善したい症状や自分の状態に合わせたミネラルウォーターを選ぶことが

大切なのだと思います♪


是非、皆さんもこの機会に自分にあったお水選びしてみてはいかがでしょうか?(^-^)



posted by mami at 17:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

肌をきれいにしたいなら まずは【水】


1196591_print-34171442.jpg

突然ですが、皆さんは一日どれくらいの量の【水】を飲みますか?


実は、アンチエイジングと水というのは非常に大きな関わりがあります。



よくモデルさん達は常に水を持ち歩き、一日最低2ℓの水を飲むという話を耳にしますが 

何故そんなに飲むのでしょう?

モデルさん達はは水分を取ることで代謝をあげているんです。


謝をあげると汗をたくさんかくようになり、体の老廃物が排出されます。

いくら表面的に化粧水をバシャバシャしても、内部がカラカラでは意味がないのです。

ですので、体の内部から良質な水を取り入れることがとても重要になってくるんです。



を飲むことによって得られる効果


・血液がサラサラに

・代謝が良くなる

・体内の老廃物が流れ出る

     ↓  結果


アンチエイジングに繋がる!!


というわけです♪



では、実際どういう時に水を飲めばいいのか??


は、私もこの半年くらい前から水を飲む習慣をつけているのですが

正直、最初のうちはあまり水を飲むのが得意ではなく、習慣づけることに苦戦していました。

まず、味がないし、何にしたって所詮「水」

飽きてしまうのです(笑)


でも、水を飲むタイミングに気を使えば、1.5ℓはあっという間に感じるようになりました。


んな人でも、1日のうち、体が水を必要としている時が6回はあるそうです。

それは朝起きた時、朝昼晩の食事の時、通勤や通学で歩いた時、そして入浴後です。

更に、ジョギングを習慣にしていたりスポーツジムに通っている人ならその運動中などに一度、

また夏の暑い時や空気の乾燥している冬場なら、あと1回くらいは補給することを心がけます。

そう考えれば、誰でも毎日6回は水分補給をするタイミングがあるのです。

この時に1回200〜250ミリリットル、つまりコップ1杯程度の水を飲めば、

あっという間に合計1.5リットルになるという計算です(^-^)


「水じゃなくても飲料であればいいんでしょ?コーヒーとかジュースとか・・・」

という考えの方も多いと思いますが、それは大きな間違いです。

それでは糖分のとりすぎで逆に肌にダメージを与えてしまう結果になってしまいます。


談ですが、私は何故か水を飲み始めた当初は肌荒れを起こしてしまいました。

色々と調べたところ、どうやら原因は 水の温度にあったようです。

もともと冷たい飲み物があまり得意ではなかったのですが、無理をして飲んでいたら

内臓を冷やしてしまう結果になってしまったようなのです。


ですので、

初心者の方には 特に今は寒い季節なので 白湯を飲むことをオススメいたします♪



なみに白湯とは一度沸騰させてから少し冷ましたお湯のことで、

実は 美容やアンチエイジングには この 白湯 が一番良いと言われているのです。


=白湯の効果=

@内臓機能が温められるので内臓が活発に働くようになり、消化作用が促進される。

A体内の老廃物を排出する力が増し、肝臓や腎臓などの機能が活発になるのでそれが体内の浄化にも繋がる。

B血液やリンパの流れが良くなり、体内にある余分な水分が尿として排出され、むくみ解消や便秘解消に繋がる。

C血液の循環がアップし、脂肪が燃焼されやすくなるのでダイエット効果がある。



どうですか?いいことばかりですよね(^-^)



寒い時期になりましたので、皆さんも今日から白湯生活 始めてみませんか?


次回は 種類別の水の美容効果、私のおすすめの水について、ご紹介いたします♪

posted by mami at 17:32| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。