スポンサーリンク

2013年12月10日

質の良い睡眠をとる方法 アンチエイジングへの近道

シール~1.JPG

子育てや家事、仕事に追われ、ゆっくりできるのは寝る前だけ

そんな現状の方も多いのではないでしょうか?

なんと40代女性の睡眠時間は 日本人平均よりもかなり少ないようですよ。


だからといって睡眠時間を多くとれ、というのは人によってはちょっと無理なこともあると思います。

前回の記事でも記しましたが

アンチエイジングに重要なのは睡眠時間ではなく、睡眠の質

だということ。


今日は短い時間でも質の良い睡眠を取る方法をお伝えします。

これさえ守れば、多少短い睡眠時間でも 美容につながるかもしれませんね♪




寝る前に画面を見る時間を減らす

これ、私もやってしまいます。寝る前のスマホ依存。

話題の情報を見たり、たまったメールを返したり、何故かベッドに入ってからやりたくなってしまうのです。

でもこれが、本当に良くないそうなのです。スマホだけではなくTVやPCも一緒です。

寝る前に、、光を発するデバイスを使うと、体は眠ろうとしているのに、脳は別の刺激を受けることになります。

光の刺激を脳が受けることによって、不自然な覚醒状態になってしまうのです。

眠る前のスマホなんてあんな至近距離で、言語道断ですね(´・_・`)


近頃ではLINEがいい例かも。

あれ、既読が出るじゃないですか。返信しなきゃまずい?

なんて思い、一言返信したがためにレスがついて、それについてレスをつけていたら、またレスがついて...

と気付けば一時間は消費しています(^^;

一言でお休みと言える方は良いですが、それができる自信がない方は手を出さない方が安全ですね(笑)


やりたいことは朝やる

不思議なもので 夜というのは気が乗りやすいものです。

部屋の片付けをし始め、気付けば深夜2時 というのもよくある話(私だけ?w)

早く寝て、朝起きてからやったほうがずっと効率的なんだそうです。

ん〜、コレ、簡単なようで難しいんだよね。でも頑張ってみよ!


ベッドでは楽しいことを考える

ついつい、一日の反省会をしてしまがちなベッドの中。

でも、イライラしたり、興奮したりするのは大きな睡眠の妨げの原因になるので

昼間に嫌なことがあってもなるべく考えないようにしましょう。

ちなみに、ウジウジA型の私の一番の課題ですw


布団に入る前には、リラックスできることをする


軽めの本を読んだり好きな音楽を聴いたり、ぬるめのお風呂に入ると気持ちが落ち着きます。

内容が重い本はお勧めできません。悪い夢見ちゃいますよ。


部屋の室温は、15〜20度くらい
特に冬は 湯たんぽや、電気毛布であらかじめ布団を暖めておくのがオススメです。

お布団入って足が冷えて こすり合わせているうちに目が覚めちゃいますよ(^^;


入浴は、寝る1時間以上前に

寝る直前に入浴すると、交感神経が興奮してしまい、眠れなくなります。

1時間前にはお風呂から出てリラックスタイムを取っておくと すーっと気持ちの良い眠りに付けます。


食事は寝る2時間前まで

深夜に胃にもたれるものを食べると消化に負担がかかるため、良眠を妨げます。

難しい場合は、寝る30分前までにうどんや粥と温泉卵のセットなど消化によいものをとること。



カフェインが入っている飲み物は、4時間前までにストップ

就寝前にカフェインを摂ると、脳が興奮状態になって寝つきが悪くなります。

コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含む飲み物は4時間前までにしておきましょう。


寝る直前のアルコールは、逆に眠りが浅くなるので避ける

寝付きは良くなりますが、睡眠の質はあまりよくないようですよ。

気を付けましょう!



以上が質の良い睡眠を取れる身近なアイデアの一部です。


簡単なようでいて、実は難しいんですよね〜(^^;

まずは 一つずつやってみるといいかもしれませんね☆彡




posted by mami at 16:42| Comment(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

眠っているうちに若返る? アンチエイジングと睡眠の関係

yurui2BE.jpg

眠不足が続くと、翌朝の肌がどこかごわついていたり、

吹き出物ができていたり という経験がある方も多いと思います。

自分では気づかなくても人に言われて はっ とすることも多々。


ここ最近の私は美容ブロガーというのに凄まじい睡眠不足な生活を送っているので

これ、本当に切実です。゚(゚´Д`゚)゚。

睡眠時間については 仕事をしている関係上物理的に無理ということもあり

どうしても遅くなってしまったりしてしまうのですが、

せめて、質の良い睡眠をとりたいものですよね。


今日は

そんな、睡眠と美容の関係についてお話したいと思います。


たちの肌は、眠っている間に「ターンオーバー」が起こっています。

肌の奥で生まれた細胞は、少しずつ上に押し上げられていき、

約4週間かけて一番上までたどり着くと、役目を終えて剥がれ落ちます。

この一連の流れが、よく耳にする「肌のターンオーバー」です。


ターンオーバーにおいて重要な役割をするのが、「成長ホルモン」であり、

この成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されることが知られています。


まり、寝ている間にお肌のターンオーバーが起こり、

私たちの肌は日々新しく生まれ変わっているのです。



一方で、熟睡できない日が続いてお肌の調子が悪くなるのは、ホルモンバランスが崩れることが原因です。

「女性ホルモン(エストロゲン)」の分泌量が減ると、肌が乾燥し、ハリが失われます。

そこでさらに成長ホルモンの分泌量が減るとターンオーバーまで遅れるため、

肌のダメージやメラニンが蓄積しやすく、シワやシミにつながってしまうというわけです。




なみに、よく「お肌のゴールデンタイムは22時〜2時」という言葉を耳にしますが、

実際22時にしっかり睡眠を取れる方ってそういないですよね(´・_・`)


でも、ご安心ください♪

実はそこまで時間は関係ないとも言われています。



重要なのは睡眠の質!!

なのだそうです。


お肌のターンオーバーには成長ホルモンが必要。

でもこの成長ホルモンは、寝ている間ずっと出ているわけではないのだそう。

睡眠の深さには規則的なリズムがあり、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)が繰り返されています。

成長ホルモンは、眠り始めて約3時間程までの深い眠り(ノンレム睡眠)の時にたくさん作られるそうなのです。


まり、ただ睡眠をとれば新しい細胞が作られるのではなく、

リズムにあった深い眠りをしっかりとることが重要なのです。


寝始めて最初の3時間は必ず熟睡できるような生活パターンを身につけれれば

少しは改善できそうですよね!


次回は 短い時間でも質の良い睡眠をとる方法 についてお話したいと思います☆彡


posted by mami at 16:40| Comment(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

アンチエイジングへ一番の近道は「睡眠!」


6d5211bfde5a6797f86fd53470fb2794-thumbnail2.jpg

さんこんにちは。

12月も気付けば10日も過ぎてしまっていました。焦るっ!!!

焦りまくりな私は、やること山積みで日々睡眠不足に襲われており、

お肌に一気に吹き出物ができてしました。゚(゚´Д`゚)゚。


眠不足はアンチエイジングの大敵というのは 美容に興味のある方なら

一度は耳にしたことがあると思いますが、どうやらそれは本当のようで

アメリカでは実際にこんな実験が行われ、それがしっかり証明されたようですよ。


験は30〜49歳の女性を対象に実験は行われ、

1つのグループは寝不足状態に、

もう1つのグループは十分に睡眠を取ってもらったらしいのですが、

寝不足のグループの女性の肌には、

小じわやシミが増え、たるみが目立ち、肌の張りも失われていたそう。

もう一方の睡眠をよく取ったグループの肌には、

日焼けなどのダメージからの回復が早く見られ、女性自体も寝不足のグループより活発だったそうです。



また、ただ睡眠をとるだけではなく

「バランスの良い食事をし、毎日同じ時間に寝る」

ことが、快眠のポイントだそう。

夕方以降のカフェインを避けたり、夜の食事は軽くするだけでも、

眠りの質は改善されるそうで、日常のちょっとした工夫が、アンチエイジングにつながるようです!



ともなると 今の私は 

夕食22時〜23時位 その後仕事のため眠気覚ましにコーヒーがばがば。睡眠(早くて)2時! 

とまさに 非アンチエイジング な行動を繰り返しているわけですねー。

分かっていても これだけはいつも行動に移せないのが悩みの種です。゚(゚´Д`゚)゚。


間の問題は仕事上の都合もあり現状では難しいところなのですが、

せめて質の良い睡眠をとりたいと懸念しています(/ _ ; )


次回は 睡眠と美容についてもっと詳しく書いていきたい思います☆彡


posted by mami at 16:38| Comment(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。